恵葉プレミアム口コミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛風でお悩みの方 尿酸値を下げたい人
プリン体が気になっている人食事制限で悩んでいる人
運動不足で悩んでいる人 健康診断が不安な人

臨床試験により尿酸値の降下作用やプリン体の生産を抑制することが
実証されている 国内初の高純度アンセリンを
国内トップクラスの含有量で高配合。

WHO(世界保健機構)や米国のFDA(食品医薬局)が
安全性や有用性を認めた 南米ペルー産の
奇跡の植物キャッツクローを高配合。

痛風に抜群の効果を発揮するアンセリンや
抗炎症作用を持つキャッツクロー、 サラサラ健康パワーのケルセチン
葉酸、ビタミンC海草、クエン酸カリウム、酸化マグネシウムなど
希少な成分を贅沢に配合しています。

高濃度にアンセリンを配合

恵葉プレミアム

内容量:31.5g(350㎎×90粒)
通常価格:7980円

 

 

※詳細はコチラ

尿酸が気になる方に【恵葉プレミアム】

アンセリンの特徴

 

 

アンセリンの特徴1

 

 

アンセリンは二つのアミノ酸、β-アラニンとメチルヒスチジンが
合体したイミダゾールペプチドのひとつです

アンセリンはマグロやカツオなどの魚肉にたくさん含まれており
外洋などを回遊魚が泳ぎ続けることができるのは
アンセリンの力によるものです

魚ではマグロやカツオや鮫や鮭などに
その他の動物では鳥の筋肉に多く含まれている物質です

アンセリンは、疲れの原因である疲労物質の乳酸の分解を促進して
疲労の回復や疲れを防ぐ効果がしられています

また、体の中で尿酸が出来るのを減少させたり
体の外へ出す調節機能があります。

アンセリンの特徴2

 

 

アミノ酸は、たんぱく質の元になる栄養素で
食事などからとったアミノ酸は、身体の中で、たんぱく質になり
人間にとって重要な、お肌や筋肉や臓器を作る材料になります
アミノ酸の集合体であるアンセリンがペプチドといわれるものです。

鮪やカツオが、海の中を高速で長時間泳ぎ続けられる理由は
筋肉の中にアンセリンを、たくさん含んでいるためと推測されます。

アンセリンは、活動するためのエネルギーを作る時に
発生するの乳酸を抑える働きがあり疲労回復に効果的です

運動や趣味やスポーツなど激しい運動をすると酸素不足になり
エネルギーを作るグリコーゲンからは酸素が少ない時ほど
乳酸が出来るので疲労が溜まりやすくなります。

体の中の老廃物である尿酸は
ビールなどに含まれるプリン体などから作られる物質です

尿酸が体の中に内に、たまると痛い
痛風の原因になるといわれています。

アンセリンの特徴3

 

 

アンセリンを日常的にとることで疲労感が軽減され
その他アンセリンは尿酸値を
コントロールすることが可能であるといわれています

アンセリンは余分な尿酸を作る前に
もう一度プリン体に戻す働きがあり
尿酸が大量にできるのを抑えてくれます。

また余分な尿酸が尿や便や汗になって
体の外へ出るようにうながします
お酒やビールなどのアルコールを飲む人には必要なものです。

プリン体は食べ物からとるほかに
細胞の代謝やエネルギー代謝の作業でも作られます
このプリン体から最終的に尿酸にまで分解されます

尿酸値が高いほど痛風になるリスクが高くなるの知られていますが
その他にも腎不全や尿路結石などの原因になったり
動脈硬化、心筋梗塞、高血圧など
生活習慣病の原因になるので注意が必要です。

疲労回復
痛風を予防改善

キャッツクローの特徴

 

 

キャッツクローの特徴1

 

キャッツクローはペルーの
標高400から800mのアマゾンの奥地に自生しています
キャッツクローは、猫の爪といわれる木で
ツルの部分に猫の爪のようなトゲを持った植物です

ペルーのアシャニンカ族の人たちは、数百年以上も前から
キャッツクローの樹皮の内側の部分茎、根を
神経痛やリウマチ、関節炎、腰痛などの痛みなど
さまざまな病気の治療薬として使用してきました。

世界の研究者や医師によってキャッツクローの有効成分の研究により
オーストラリアでは、リウマチの治療薬として認可され
リウマチなどの自己免疫疾患の治療など
欧米諸国では、キャッツクローを使用した研究報告が多数あります。

1994年、WHO(世界保健機関)により
副作用の少ない抗炎症剤として認められています。

キャッツクローの特徴2

 

キャッツクローにはアルカロイド、イソテロポディン、テロポディン、
イソミトラフィリン、ミトラフィリン、イソリンコフィリン、リンコフィリンなど
6種類の有効成分が含まれており

それぞれの有効成分キノビック酸グルコシドや
フラボノイドは抗炎症作用の働きがあり
ポリフェノール、プロアントシアニジンは
抗酸化物質として体の老化を防ぐ力があります。

このキャッツクローに含まれるアルカロイドは8種類ありますが
その中のアルカロイド有効成分
POA-ペンタサイクリック・オキシインドール・アルカロイドと呼ばれ
免疫作用調整に効果的といわれています。

膠原病、リウマチ、全身性エリテマトーデスなどの原因は
免疫機能の不調が原因といわれています
さらに免疫機能が弱くなると風邪などになりやすくなります

キャッツクローの特徴3

 

キャッツクローに含まれるPOAはこの免疫作用をバランスを保ち
その効果は高くオーストリアでは
リウマチの医薬品として認められています。

リウマチなどの自己免疫疾患の症状には
TNF-α(炎症性サイトカイン)が関係があるといわれ
このサイトカインの量を抑えることが
リウマチの症状の緩和につながるという研究結果があります

キャッツクローに含まれるPOAは
この炎症性サイトカインTNF-αの出来るのを抑制して
リウマチ治療薬レミケードと
同じぐらいの効果があることが証明されています。